面白すぎるモーターを積んだ電車がやってきた

残り1本となった歌う電車
その価値を強調するかのようにいつも以上に激しいモーター音を披露してくれました

 

Author: Z世代