北川景子、肉体改造発言で岸井ゆきのが大爆笑 映画『大河への道』先行プレミア上映イベント

#北川景子 #岸井ゆきの #大河への道

 俳優の北川景子(35)が9日、映画『大河への道』先行プレミア上映イベントに登壇。同作キャストの中井貴一、松山ケンイチ、岸井ゆきの、和田正人、溝口琢矢、平田満、橋爪功らとともに、撮影時のエピソードを語った。

 本作は、落語家の立川志の輔による新作落語『伊能忠敬物語―大河への道―』が原作。“大河ドラマ”の開発チームが発見してしまった、200年前の江戸時代に隠された驚きの秘密をひも解く、笑って泣けて、そして日本史の常識をもひっくり返す“歴史発見”エンタテインメント。

 本作のタイトルにもなっている伊能忠敬が55歳から地図作りを始めたことから「55歳から始めたいこと」というトークテーマが展開。北川は「肉体改造したい」とキャスト陣も「えっ!」と反応してしまう驚きの宣言。「私の両親も55歳を超えているんですけど、肉体が衰えていっていて。私はそこで逆行して、そこから若返っていきたい」と発言し会場を驚かせた。

 また、「足腰を鍛えて、山登りとかしたいですね。でも見た目がムキムキとかじゃなくて、中から鍛えていきたい」と年齢を重ねても美への向上心を見せた。

 

Author: Z世代