【涙腺崩壊】歌詞の意味を知ったら泣かずにいられない。徳永英明が放った渾身のラブソングは世界への愛の歌 @徳永英明FANTUBE

【チャンネル登録よろしくお願いします!!】
TOKUNAGA FAN TUBE

http://www.youtube.com/channel/UCOlU9EeNtRvZ-XE8PmHkoHQ?sub_confirmation=1

9歳から大好きな徳永英明さんのこと
語り尽くしていくチャンネルを開設しました!

今回は1991年に発売された
「LOVE IS ALL」
について語っていきます!

徳永英明さんにとって
ようやく書けたという
ポップス的ラブソング。

しかしながら歌詞は湾岸戦争を
モチーフにされていて
これぞソウルバラードの真骨頂!

ORICONチャート週間ランキング3位
徳永さんの歴代売り上げでも3番目という
大ヒットシングルです。

徳永英明さんの魅力をまだまだ知らない方はぜひご覧いただき
興味をもっていただけたら嬉しいです☆

これからどうぞよろしくお願いいたします。

#徳永英明  #ラブイズオール #ポップス

●徳永英明さんのおすすめ動画(公式YouTube)

✨今回の楽曲「LOVE IS ALL」

✨ライブバージョンのラストが最高!
●東京国際フォーラムにて

●さいたまスーパーアリーナ二回目のハイトーンラスト!

●さいたまスーパーアリーナ一回目

●テレビ出演当時

●最新版のテレビ出演
https://youtu.be/2mVnfvZi-vE

●月桂冠CM

❇️デビュー曲のレイニーブルー

僕はこの頃の歌よりも、1997トラックが最高に好きです!
ちなみに1997トラックはこちら

歌唱力のレベルアップぶりがエグいです🎵

❇️出会いのきっかけ、壊れかけのRadio

このPVをボーリング場で聴かなかったら今の自分はありません。

❇️シングルのORICON売り上げナンバーワン

夢を信じてはドラゴンクエストのアニメの エンディングテーマでした!

❇️大ブレイクのきっかけ輝きながら

デビューの翌年にCMソングになりシングルカット。
そして大ヒットとなって今があります。

❇️人気を決定付けた一曲

この最後の言い訳は、徳永さん自身が第2の、本当の意味でのデビュー曲というほど
思い入れの強い歌です。

❇️初のシングルORICONナンバーワン獲得

WednesdayMoonもCMソングでしたが徳永さん自身が登場してます。

そしてそれ以降でもTOYOTAのアイシスで
久しぶりに徳永さんご本人がCMに出ました!

❇️中1の頃、ファンクラブに入り初めてコンサートに行った最初のシングル。

もう一度あの日のようには、ポリープ手術後の最初のシングル。
めちゃめちゃシャウトがかっこいい!

❇️思い入れが強い歌で、今回の語りのテーマの歌です

未来飛行 は世界ウルルン滞在記のエンディングテーマで
すごく広い空を感じさせてくれる大好きな一曲。

もはや紹介したい歌が止まりません💦
本当にいろいろ聴いてほしいなー。
念のために日本新記録を打ち立てたカバーシリーズ 
VOCALISTも聴けるので 公式のページを共有しておきます✨
https://youtube.com/playlist?list=PLm…

【過去の徳永さん関連動画投稿リスト】

●【名曲】徳永英明さんを語り尽くす!レイニーブルー、壊れかけのRadioなどを生み出し、数多くの記録を打ち立てた歴史に残るVOCALIST

●【壊れかけのRadio】徳永英明さんに憧れ続けて30年。ついに日本最大級のライブハウス、Zepp大阪ベイサイドで歌ってきた。

●【徳永英明】オリジナルシングル勝手にトップ10を決めて歌ってきた🎵壊れかけのRadioや輝きながら、レイニーブルーは入ってるかな?

●【徳永英明】アルバムの名曲!勝手にトップ10を歌ってきた🎵

●徳永さんに届け!ファンの思い!Vol.3 え?ピーポップハイスクールのバンちゃん? https://www.youtube.com/watch?v=kRDHIqS1Iek

◆動画投稿◆
\2021年8月2日から毎週1回~投稿していきます/

9歳から大好きな徳永英明さんのこと たくさん語らせていただきます♪

1994年の「Nostalgia」ツアー二日目の1月13日府中の森から
毎年コンサートにも欠かさず行ってる いわば神のような存在の徳永英明さん。

実際のところバラードが強みとされてますが
徳永さんのバラード曲はまさにロック。
歌声の中に優しさと癒しの中に魂が宿る
唯一無二のアーティストなので 業界界隈でのファンもめちゃめちゃ多いです。

様々な記録を打ち立て すでに日本を代表するレジェンドアーティストと化している
徳永英明さんの魅力を伝えていきます☆

———————————————————————
◆編集◆ 柴田めぐすた(主婦リエイター)

●フリーBGM 「Music-note.jp」

 

Author: Z世代